2歳、はじめてのブロック遊び。

はじめてのブロックワゴン

私の母が娘の2歳の誕生日に買ってくれたブロックに娘がとてもハマっていて毎日夢中になって遊んでいるのでそちらのおもちゃを紹介させて頂きたいと思います。
その商品は
「バンダイ ブロックラボ はじめてのブロックワゴン」です。

子供が大好きなアンパンマンのブロックなのですがとても簡単なブロックで、アンパンマンの顔と体、犬と顔と体と木の草の部分と幹の部分、と言ったように二つのブロックを組み合わせてアンパンマンや犬や木などを簡単に作ることができます。
娘の従兄弟が同じブロックを持っており、3歳を過ぎた今でもまだ楽しく遊んでる事もあり母がこれは長く遊べるよ!と言って買ってくれました。
最初はブロックの遊び方がよくわかっていなかったようなのですが、一緒に遊んでるうちにブロックをつけたり外したりが出来るようになって今では「アンパンマンのあたまどこー?」など探しながら喜んで遊んでいます。

最近では高く積み上げられるようになって、それが嬉しいみたいで高く積み上げては「まま!まま!」と自慢気に見せにきてくれます。
娘なりに考えて想像して色んなものをブロックで作っているようで色んな色のブロックを組み合わせてアイスクリームを作ったりもしています。
まだ2歳なのに自分で想像して色々なものを作ったりする姿に私はとても驚き、楽しく遊びながら想像力が養われているのでこのブロックをプレゼントしてもらって本当によかったなと思っています。

本当にお気に入りなようで毎日朝から寝るまでこのブロックで遊んでいます。
このブロックの良い点はブロックワゴンという名の通り、ケースがワゴンになっており車輪がついています。
なので小さい子供がお片付けするのもとても簡単です。
娘は毎日、私がもう今日はアンパンマンお片づけしてね!ないないしてよ!というと、ないないー!と言いながら一つずつお片付けしてくれます。
ワゴンが大きいのでお片付けもしやすいみたいで、お片付けのいい練習にもなる所もお気に入りです。
別売りで街や動物園やお店を作ったりするブロックも売っているみたいなので、これから大きくなるに連れてたくさん種類を増やして行きたいなと思っています。
可愛いアンパンマンのブロックですので、はじめてのブロック遊びに最適なブロックだと思います。

レゴブロックを通して成長し続ける息子。これからも楽しみです。

レゴブロック

次男が3歳から遊び始めたレゴブロック。
きっかけは長男の影響でした。
初めはプレイマットにブロックを並べて取り付けるだけ。
指先の力が弱かった次男は、ブロックを自分で外すことができずひたすら並べていました。
その頃は、沢山のブロックがプレイマットに並ぶことが大満足な様子でした。
その後、次男は長男がプレイマットに立体の家を作っているのを見て自分も家を作ると言い出しました。
そしてできた家は…いつものようにブロックを一段だけ線上に並べ部屋を区切った平面の家でした。
玄関があり、リビング、お風呂、トイレ等それぞれのスペースのみ設けられていました。
次男はブロックの人形を使ってその家でおままごとをするのがブームとなりました。
驚くことにその家は、おままごとブームとともに日々進化を遂げていきました。
一段だった壁が2段3段と高くなり、玄関・窓の扉がつきました。
また、二階を作り階段で登れるようにしたり、ライトや家具に見立てた装飾も増え一気に立体の家になっていったのです。
誰が教えたわけでもなく、長男の組み立て方を観察したり自分で工夫したり…。
幼いころから一人で遊ぶのが上手な次男でしたが、レゴブロックを始めてからは更に制作中の集中力が高まっていました。
いつしか指先の力が強くなり、納得がいくまでブロックをつけたり外したりを繰り返します。
そして、完成した時には満面の笑みを浮かべています。
次男は、レゴブロックの世界で常に成長を続けています。
始めてから2年が経ち5歳を迎えた次男は、レゴブロックで乗り物(特に飛行機)を作ることが今ブームです。
次男が作る飛行機は、お手本があるわけではありません。
作る時に完成図を想像しながら組み立てていくようです。
立体の飛行機で、ブロックの人形が乗り込めたり2機が合体して大きな飛行機に変形したりします。
また、最近は色にもこだわっているようで限定した色で作ってみたり時にはシンメトリーを意識していたり。
レゴブロックで遊ぶたびに成長している次男見ていると、レゴの持つ無限の力のすごさを実感します。
そして、これからも次男がどんな成長を見せてくれるのか楽しみです。

レゴデュプロで2人楽しく

レゴデュプロ

今うちには、もうすぐ6歳になる息子と2歳になる娘がいます。4歳離れた2人が一緒に遊んでいるのが、レゴデュプロです。デュプロは、普通のレゴブロックの倍の大きさがあるブロックなので、小さな子が飲み込んでしまう心配もありません。

息子はもっと細かいレゴでも遊んでいるので、つまらないのではないかと思いました。しかし、ブロックそのものが大きいことで、出来上がりも大きくなり、立派な作品が作れることが楽しいようです。この前は、30センチぐらいあるぬいぐるみを座らせる椅子を作ったり、カメラを作ったりしていました。この歳になると、ブロックの箱に描かれている作品と全く同じパーツで作れるようにもなっていました。

娘の方は最初の頃、息子の作った作品をひたすら潰すことしかしていませんでした。ブロックをくっつけるより、外す方が簡単だからだと思います。息子はよく怒っていましたが…。デュプロは自分で組み立てられない頃でも遊べるパーツがあるので、そちらで遊ぶことも多くありました。

例えば、カーズのデュプロです。マックイーン(車のキャラクター)はタイヤが付いた板に車のフレームをくっつけるだけで完成するので、手先が上手く使えない子も楽しく遊べます。

たくさんのブロックをくっつけて作られていないので、遊んでいる最中に崩れることがないのも嬉しいです。最近では、自分でブロックをくっつけることができるようになってきたので、家や車などの作品を作ったりもするようになりました。

壊してばかりだった息子の作品にも、ブロックを勝手にくっつけたりすることが増えました。それはそれで、息子は怒るのですが…。

たくさんのブロックを付けた車を息子が走らせ、その後ろをタイヤのパーツに2、3個ほどブロックをくっつけただけの車で楽しそうに追いかける娘、そんな2人の姿はとても微笑ましいです。

年齢の設定は1から5歳ですが、まだまだ2人で楽しく遊べそうです。