マンションと一戸建ての違いについて

マンションと一戸建ての違いについて

以前、賃貸で住んでいたマンションは、3LDKの賃貸マンションでした。5階建てのマンションの5階に住んでいました。

気密性が高く、冬場はとても暖かく、12月でも天気の良い日には部屋の中はポカポカしていました。石油のファンヒーターを準備していましたが、ほとんど使うことなく冬を越すことができました。寒い日には、ホットカーペットを付けるだけで、十分でした。

逆に、夏場は天井からの日光の照り付けが多く、暑かったです。24時間クーラーが必要でした。マンションには備え付けのエアコンがありましたが、突然動かなくなってしまいました。

もう一台購入して設置しました。廊下に扇風機を付けて風を部屋中に回すことで、すべての部屋に涼しい空気が行き渡りました。エアコンは1台で十分でした。

家賃は少し高めでしたが、光熱費は安く抑えて生活することができました。湿気が少なく、カビが生える心配はなく、住みやすかったです。

 

一戸建てに引っ越しをして感じたことは、冬は寒く、夏は暑いことです。マンションと比べると、冬場は湿気が多い分はるかに寒く冷たくて、夏はむしむしして熱いことです。

暖房器具はたくさん買い足しました。洗面所には電気ストーブを置きました。ホットカーペットももう1枚購入し、こたつも置きました。エアコンをもう1台、馬力が強いものを買いました。

寒い日には、キッチンでは白い息が出ます。暖房のない暮らしは考えられません。

夏場は屋根に日光の照り付けがあるので、家全体が蒸し風呂のような感じになります。エアコンと扇風機を使って、涼しい風を部屋の中で回しています。なかなか涼しくなりません。

良いところは、湿気が多いので、子供たちの病気が減ったことです。菌が繁殖しにくいようです。加湿器の必要もありません。

それぞれいいところと悪いところがありますが、電化製品をうまく使って、快適な生活をしていけたらいいなと思っています。

ファクタリング審査をうけてみよう。

甥っ子の劇的な成長に感動

今日は私の姉の息子、言うなれば私の甥っ子ですね。甥っ子と会い色々連れていった1日でした。私の姉はすでに離婚していて甥っ子は旦那が引きとっているので定期的には会えない状況です。本当につらいです。なので今日は2ヶ月ぶりくらいに甥っ子に会いました。子供の成長はとても早いですよね。この前までそんなに喋れなかったのに、もうベラベラとずーっとしゃべっているようなら子になっており、私の名前も覚えてくれなかったのに今日私が◯◯ちゃんだよ!覚えてー!と言うと帰る頃には◯◯ちゃんと呼びしっかり覚えてくれました!
そして今日はそんないとおしい甥っ子てんのうじ動物園に行って参りました。甥っ子は行く前からキリンさんキリンさんとずっと言っており、本当に可愛かったです。そして動物園につくともうダッシュで走っていくので本当捕まえるの大変でした。そしてキリンさんキリンさんと言っていたのに、いざキリンさんを見に行くと泣き喚いていました。すごく動物が好きなくせに怖がるので大変でした。そして、昼ごはんを食べていた時に私はダイエット中なので、スムージーのような飲み物だけ飲んでいると、甥っ子が食べていたうどんを◯◯ちゃんご飯食べないの?僕の食べいいよと言われました。本当に何か泣きそうになりました。ちょっと会っていない間に子供ってこんなに人のことを思いやる気持ちを持ったり優しさができ、こんなにも成長するんだなあーと感動させられた1日でした。

これからはアウトドアになりたい

私は本当に行動力がない方で、仕事以外は結構家にいたいタイプなインドアなので何か用事があるなら仕事前に行こうと思うタイプの人間です。けれどこのまま良くないなと思い今日いちにち休みだったのでいつもいちにち休みの日は、ほんと家に行って映画を見たり本を読んだりいっぱい寝たりしていますが、今日は朝からいろいろなことをしました。まず朝はダイエットがてらにランニングをしようと思い1人で2時間ほど走りました。そして走り終わって汗をかいたので家に帰ってお風呂に入りました。そしてお昼ご飯は友達と家の近くに美味しいイタリアンがあるので一緒に食べに行きました。いつもそんな感じでおしゃれに食べている人いいなぁと思っていたので
私もやっとその経験はできてなんだか嬉しかったです。そしてそのまま友達とショッピングに出かけました。普段買い物あまりしない私が友達の影響もありますが今日はいっぱい洋服やアクセサリー雑貨品等をいっぱい買ってとても満足しました。そして夜は彼氏と一緒に家に帰りゆっくりDVD何か見ながら普段あまり会話と言う会話をしないのですが、今日はなんだか彼氏ともゆっくり話せてとても良い1日になりました。いつもはインドアですがたまにはこうやって朝から行動していろいろなことをしていろいろなところに行くのも悪くないなぁと思った1日でした。俺からは休みの日わ家でダラダラしないでもっといろいろなところに行ってみたいと思いました!

子どもの友達のお母さん

いきなり子どもから「ママ、離婚ってなぁに?」と聞かれ、ちょっと焦りました。
「どうしたの?」と聞くと、「友達のお母さんが離婚して、お父さんがいないんだって。」って悲しそうに言いました。
子どもももう3年生。
私が2年生のころ母親が離婚して、お父さんのいない生活がはじまったものの、もともとから家にいなかった父親なので、かなしいとかは思わなかった気がします。
なので、もう分かってもいい年頃だろうと、すこし迷いながら、子どもに「離婚」の意味をはなしました。
「お父さんとお母さんが、話をして、別々に暮らそうってなったんだよ」というと、「うちのママとパパは、大丈夫だよね?ずっと一緒だよね?」って泣き出してしまいました・・・。
なので、「そうだね~、ママとパパもよくケンカするけど、ちゃあんと仲直りしてるでしょ?それに、パパが大好きだから、離婚はしないよ」とはなしをしたら、安心して泣き止みました。
「そのお友達ね、離婚したから、名前が変わったんだって。」という言葉に、昔の自分にあったことを思い出しました。
「ママが小さいとき、ばぁばも離婚して、じぃじと結婚(再婚)したんだけど、その時もママの名前が変わったのね。そしたら、おもしろがって前の名前で呼んでくるお友達がいて、すごく悲しい思いをしたの。だから、あなたもそんなことを言っちゃだめよ」
「わかったー!絶対そんなこと言わないよ!」と、ちゃんとわかってくれました。
離婚するということは、夫婦二人だけの問題ではなくて、子どもにもいろんな負担がかかります。
名前がかわって、おもしろがるお友達。引っ越ししたら、また新しくお友達をつくったり、生活になれていかないといけなくなる。
でも良かったことは、お母さんに「笑顔」が増えたこと。その「笑顔」を見て、子どもも「笑顔」になる。
いろんな選択肢があって、みんなが幸せになれることが一番なんだなと改めて思いました。